2013年12月4日水曜日

映画”悪の法則”の短いレビュー

やっほー。くまごまちゃんだよ。

この映画はいわゆるストーリーをそのまま楽しむような映画ではないと思ったよ。

誰が悪人なのか、どうしたことに主人公は巻き込まれてしまったのか、みたいな具体的な理由や内容自体を読み解くことはさほど重要ではなくて、映画の独特な雰囲気から伝わってくる
”個々の小さな悪意が積み重なることで、人の意志とは関係のないシステム化された悪になること”
それと
”主人公たちがシステム化された悪に組み込まれた時にはすでに逃れることは不可能になっていて、翻弄されていく様”
っていうのが楽しめれば良いんじゃないかな。

物語で重要になるのは”選択”というキーワードで、主人公はどの時点でシステムに組み込まれて、どの時点で悪の世界に触れていたのかということを意識してみていると考えやすいかもしれないよ。

システム化された悪からは決して逃れられない、という物語の構成はある意味”死神”というシステムを活用したファイナル・デスティネーションシリーズにも近いと言えるだろう。

このシリーズはモラルや善悪など全く関係なく、事故を起こして生き残っても一度死ぬ運命になったから絶対死ぬ!という死神システムから必死に逃げ出そうともがく(そして失敗しちゃう)人々の姿を描いた作品で、共通部分はあると思うよ。
だけど悪の法則の更に恐ろしいところは、やはり人そのものがシステムになっていることで、これはファンタジー的でない非常にリアルで隣にありそうな悪というものを非常にうまく描いていると思うんだ。

ヒロインとも言えるキャメロン・ディアス演じるマルキナは欲求に従って率直に行動している人物で、ペットであるチーターが獲物を狩り殺す様を非常に美しいと言うよ。(大好きすぎてチーターの刺青もしてる)
世界を見据えて覚悟を決め、どっぷりと悪の世界で生きる方が、自分は知らないふりをして悪の世界から利益を得ようとする臆病な人間よりも自然で美しくさえある、ということを描いているんじゃないだろうか。
作品ではチーターは野性的で官能的で美しいものとして描かれていて、人の死体から金品を奪い取る人間と対比するように、死体を餌として捕食せずに歩き去っていくチーターの姿が描かれているよ。

正直よくわからないなってところもあったけど、哲学的な雰囲気だけでも結構楽しめた作品だったよ。


2013年9月26日木曜日

くまマカロンと神のスフレ


このまえの休日、無性に甘いモノに囲まれたい気持ちになったくまごまちゃんは、自由が丘にあるスイーツフォレストに行ってみることにしたよ。

甘いモノはけっこう好きで、最近はコンビニにあるガブリチュウっていうぐにゃぐにゃしてる甘い棒みたいなキャンディーバーに少しハマっていたり、あとはたまーにコンビニのロールケーキとかエクレアなんかを突然買ってみたりするんだ。

午後4時くらいに自由が丘に向かって、まだ昼ごはんを食べてなくてお腹がペコペコだったのもあって、なんとなくファーストキッチンでセットメニューを食べてしまったよ。(これからスイーツフォレストだというのに!)

スイーツは別腹っていうし、先にしょっぱいものを食べておいたほうが甘いもの食べたくなるしいいよね…みたいな気持ちだったよ。

食べ終わった後、さすがに直接向かうことはせず、自由が丘をぶらついてから行くことにしたよ。
最近は涼しくなってきたから散歩もしやすいね。

雑貨屋を回ってみようと思い、iPhoneで調べてはみたけど、どこに行きたいかよくわからないしなぁということで、やっぱりiPhoneはしまって適当にウロウロしてみることにしたよ。

ウロウロしている時にみつけた雑貨屋。パックマンの敵キャラのおもちゃ(285円)を買おうか迷ったよ。
なかなかゆるくてよろしいステッカー
こういう何につかうかよくわからないモノって、ほしいと思った時にノリとかで買わないと、なかなか買えないよね。このあとスイーツにお金も使うしな…と今回はよく考えてしまったので、なにも買わずに終わったよ。

そういう意味でamazonのポチり買いは結構こわい。夜中のテンションが高い時間にノリでポチってしまうことがよくあるから( ゚д゚ )

結局1時間ぐらい歩きまわってちょっと暗くなり始めた頃、ようやくスイーツフォレストに行くことができたよ。この日は人があまりいなくて(というより暗くなってから行く人なんて少ないのかもしれないけど)なんとなく活気が無いアミューズメント施設のような感じが少しさみしげだったよ。

素敵なケーキがずらりと並ぶ中、とりあえずネットで噂の”神様のスフレ”を食べに行ってみることにしたよ。味はヴァニラが基本で、チョコレートやフランボワーズのようにいくつかの種類もあって、この日はチョコレートを食べてみることにしたよ。

注文されてからつくるようで、20分ほど待ったあと神のスフレは運ばれてきました。

店内は森を意識した緑色のライトに囲まれていて、なんとなく癒やされる。
(↑写真は色合い加工済み)
神様、と呼ばれるだけはあって、10分くらいで形が崩れてしまうほど繊細らしい。というわけで急いで食べることにしたよ。食べ方はまずスフレにスプーンで穴を開けて、ちっちゃい鍋に入ったチョコレートソースを注ぎ込み、生地と一緒に食べるのである。ふわっとろっとしていて、あまりスフレは食べたことはなかったけど、これは確かにだいぶおいしいスフレだなと感じたよ。

食べ終わってさあ次は・・・と思っていたけど、先ほどのファーストキッチンもよみがえってきて、スイーツ食べまくろう作戦はこれにて結局終了(´・ω・`)

さすがに1品だけってのもなぁ、と思ってなんとなく買ったのがクマの形をしたマカロンだよ。

もんすたあチルドレンというサンリオの
お化けモチーフソシャゲーがあるのをご存知でしょうか
ハロウィンはまだ結構先だけど、なんとなくこのイベントものお菓子を選んでしまったよ。もうちょっとお腹が空いてたら、となりの店のいちごのモンブランとかを選んでいたかもしれないなぁ。(今すぐ食べるわけでもないのに、食べ物を選ぶ時ってやっぱりお腹の好き具合が重要だ)
味は黄色のくまがパッションフルーツで、オレンジがアプリコット、茶色はチョコレートである。

無計画な割に、なかなか楽しめた9月の休日でした。

食べるとちょっとだけ無惨


2013年9月5日木曜日

ジョジョASBから考えるこれからのゲームの課金のさせ方

(n‘∀‘)η ヤァーッホォー
くまごまちゃんも楽しみにしてたジョジョオールスターバトルが、
ついに8月29日に発売したね(∩´∀`)∩ワーイ
発売するまでPVを見て、「あっ、これは100%神ゲーだ~!」って思ってたんだけど、
いざ出てみたら、無限コンボが早速発見されたり、キャラの大部分が課金だったり、
ついには新品50%OFFでスピードワゴンにクールに去るぜ!なんてことに・・・

PVはとっても良く出来てる

amazonレビューも大荒れで、たまたまカード番号の更新をしてなくて予約ミスで買えなかった
くまごまちゃんは、そっとそのままジョジョASBをカートから降ろしたよ・・・











レビューからわかるユーザーの怒りとしては、格ゲーとしての面白くなさから、
ゲーム性の薄さまでさまざまだけど、内容についてはひとまず置いといて、
一番多い怒りの声である「キャラ追加課金」や「体力回復課金」に始まる、
課金前提のシステムについて考えてみるよ。


  • ジョジョASB課金システムは間違いだったか

いままでのゲームでも追加キャラやシナリオのいわゆる完全版商法DLC商法ってのは
あったけど、ジョジョASBはさらにソシャゲでお馴染みの「体力回復課金」まで追加されて、
課金しないとまともに遊べないぞo(`ω´*)oプンスカってユーザーのさらなる怒りを買ってしまったよ。


ただ一方で、これだけのキャラ数のクオリティの高いポリゴンと動き、声優やらを用意して
高額な制作費でよりこだわったゲームを作ろうとするためには、
その分「確実に資金を回収出来ます」っていう機能やら内容をふんだんに組み込まないと
GOサインが出されなかったんだろうな~って気もするよ。

更に今の時代はパズドラに始まるスマホゲーが月に何十、何百億円も稼ぐから、
コンシューマを出すにしてもそれくらいのインパクトを狙っていけるゲームを作ろうとするのは
企業にとっては当然とも言えそうだよね。

…とは言っても、結局ネガキャンだらけで大炎上した結果になってしまって、
実際にくまごまちゃんみたいにそれをみて買わないユーザーも現れているだろうし、
コンシューマなのに課金要素がたくさんあるのはやっぱりユーザー的にはなかなか
受け入れられないかもしれないね。(アイドルマスターを除いて)


コンシューマゲームで体力回復課金を導入したのは
おそらく初めてに近いチャレンジだと思うけど、
スマホやガラケーでのちょっとした時間でのプレイを前提とした
ソシャゲの体力回復課金システムは、
据え置きゲームの「さて、ゆっくり楽しむぞ!」って思ってるユーザーに対して
どうしても相性が悪くて、
収益よりもユーザーストレスを生むデメリットの方がやっぱり大きいんじゃないかなって思うよ。

スマホだったら待ち時間すぐに他の行動ができるけど、
据え置きでせっかくゲームをやると決めた時間に、
待たないと遊べないなんて困っちゃうよね。


キャラ追加課金は、ジョジョみたいなすでにファンが居る作品の場合、
「このキャラも使えるんだ!やったー」じゃなくて
「なんでこのキャラはお金払わないと使えないの?!」
になっちゃって、ユーザーに不快感を持たせちゃうと思うよ。
特に今回はPVでたくさんのキャラを使えるって期待感を煽っちゃったから更にまずいね。

キャラ追加課金は例えばPSHomeとかリトルビックプラネットみたいに、
ユーザーが想定していないキャラの追加の場合だと
不快感を生まれさせずに、「おっ、こんなのも使えるんだ!使ってみたいなー」って気持ちに
させられると思うんだよ。
ジョジョASBでいうと、重ちーとかフーゴはダメ。バオーはOK。みたいな具合。


結論は、これからはコンシューマゲームでもDLC以外の
課金要素があることは多くなっていくと思うよ。(特にこのジョジョASBが成功したら)
今回のジョジョASBはゲームの内容に比べても課金の仕組みばっかり悪目立ちしてて
いちいち反発を買う方法になってしまったという点がダメだったんじゃないかなって
くまごまちゃんは思うよ。

  • 良い課金のさせ方とは

儲けや収益はもちろん大事、けど「課金しないと楽しめませんよ」が前に出てきちゃってもダメ。

課金自体がだめなのではなくて、
いかにして「好きでやってるから自分の意思で課金してるんだ!」って気持ちの
ユーザーを増やせるかがポイントだとおもうよ。


ここでちょっと別の視点からも考えてみると、
ここ数年、ソーシャルが発達したことによって人がより結びつき、
モラル的な意識や正義感がネット上でより強くなってきているよね。
悪いものは徹底的に潰されていく一方で、(Twitter炎上事件とか)
逆に善いことや、面白い考え、本音っぽい気持ちは受け入れられて、
どんどんと拡散されて広がりやすくなっているよ。

一言で言えば、ネット上での「悪しきものを潰す力」と「純粋な善きものを助ける力」の
両極端がとっても強まってきていると思うんだよ。


この世の流れ自体がいいかどうかは別として、これからの課金のさせ方は
「さぁお前ら課金しまくってこのゲームを更に楽しむのだ(`・ω・´)!!」
じゃなくて
「みんな!良いゲーム作るためにとっても頑張ったからお金を支援して(´;ω;`)」
ってちょっとたのんでる感じなのがいいと思うんだよね。


つまり、ゲームをオモシロイと思ったユーザーやファンがみんなでちょっとずつ助け合う
お布施や寄付だったり、クラウドファンディング的な仕組み
ゲームの中にあるといいと思うんだ。
特にジョジョなんかのファンをたくさん抱えてるゲームには合ってる方法じゃないかなって思うよ。

(※クラウドファンディング(英語:crowd funding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す Wikipediaより


例えばジョジョASBの中に、ユーザー合計の目標収益金額が設定されてて、達成されたら
ユーザー全員が喜べるイベントが起こるっていうシステムがあったらどうかな。
デッドマンズQのゲームはマニアック過ぎる気もするけど・・・
課金することが”課金”って言うより”ゲームの支援”って見せ方にすることができたら
気分もちょっとだけいいと思うんだよ。


課金やお金をはらうことが、単に体力回復やキャラクター入手じゃなくて、更にもう一歩
新しい体験的な価値を生み出すことができたらいいよね。

  • 人気ゲームの課金のさせ方

さらに人気ゲームの課金のさせ方についても探るために、
巷で大流行の艦これ、海外で大人気のWarframe、
更にXBOX360課金伝説を築いたアイドルマスターの課金のさせかたをみてみよう。


1,艦これ












最近大人気のゲームだよ。人気すぎてプレイするのも順番待ちで、
くまごまちゃんの周りでも今一番はやってるよ。
プレイ率は全体ユーザー数の8割前後とも言われてるよ。

・なぜ課金するか

熱中しているゲームなので、美少女キャラクターを今すぐ手に入れて使いたい
(すぐほしい)

課金をする必要が特にないからこそ、ちょっと効率化して快適にプレイしたくなる
(より気持ちよく)

※課金訴求はとっても薄い


2,Warframe














くまごまちゃんが今一番ハマってるHOTなゲームだよ。PS4でも発売する予定みたい。
ロボット忍者が宇宙で戦うTPSアクロバティックアクションゲームだよ。
基本無料のフリーミアムモデルで体力制もなく、いくらでも遊べるよ。

※ただしゲーム中死亡して復活できる回数は1日4回までと決まっていて、
復活回数を回復するために課金することができる。
死亡して復活せず、ステージ最初からでいいなら何回でも遊べる。

・なぜ課金するか

課金しないと当分先まで手に入らない強キャラやアイテムが一瞬で手に入る
(すぐほしい)

強いキャラやアイテムを入手することで、ゲーム性が一気に広がる
(楽しみの増大、快感)

期間限定課金マネー50%OFFチケットなどがランダムで手に入る
(機会の創出)

ほかユーザーに自慢したい、特別カラーなどの購入
(オンラインで見せびらかせる)

死亡した時の復活回数を増やすため
(難しいステージにもっと挑戦したい)


3,アイドルマスター














くまごまちゃんも昔ハマってた、アイドルを育成するゲームだよ。
XBOX360のゲームの中でも一番DLCがうまく行ったゲームとして有名だよ。
課金してる人がネットで自慢するみたいな空気にまでなった伝説的なゲームだよ(゚∀゚)

・なぜ課金するか

キャラクターのファンになり、他の動きやイベントを見たくなる
(ファン化)

これが進化すると・・・
課金すること自体が楽しい、誇らしい。アイドルにお金を払いたい。
(洗脳)

世界観にもっと浸り続けたい
(世界を広げる)

※ゲームをより簡単に、強くするなどパラメーター強化面での課金欲求は少ない


これらをまとめると、
  • 基本的に無料でどこまでも遊べる実感をもたせること
  • ユーザーをゲーム世界観のファンにすること
  • 時間的な縛りを課金で解決できること
  • 更に快適に遊べること
  • 他のユーザーへの自慢になる

といったことが人気ゲームの課金のさせ方の条件みたいだよ


特に一番上の”基本的に無料でどこまでも遊べる実感をもたせること”
って要素のレベル感が特に最近は重要なんじゃないかなって思うよ。
もっと具体的に言うと、ゲームをプレイ中にユーザーがなんらかのゲーム内目標を決めて、
その目標達成までの想定される道筋に課金が必須ではないって
思えることが心地よい課金の条件なんだと思うんだ。

ゲームをプレイしてるユーザーに目標をつくらせて、
近道としての課金ルートと遠回りの無課金ルートの両方を一緒にうまく見せることが
ユーザーにストレスを与えずに課金させるための方法なんじゃないかな。


これからフリーミアムモデルのゲームが増えていくことは間違いなさそうだけど、
フルプライスのゲームもどんなふうに進化していくのか楽しみだね。
ぷっぷくぷ~


2013年8月31日土曜日

ハッピーなこと14文字


1.近所のカレー屋にメイドさん

2.毎朝猫があくびをしてる

3.ふとんが今日もひんやりです

4.スウィングジャズで軽快な朝

5.冷蔵庫あけたら冷えたなし

6.ネコミミつけたら意外と似合う

7.月見バーガーと昼下がり

8.ドラマの悪役、友に似てる

9.話してないけどいいくれた

10.働いたあとの独り映画

11.スカパーでロード・オブ・ザ・リング

12.誕生祝いでカメラもらう


2013年8月28日水曜日

ポップ・アート展とiPhoneゲームアプリ

わーい、たくさんの缶だ~
昔からアメリカのポップ・アートって好きですよ、ってなんとなーく言ってきてたけど、実のところポップアートってはてさて何でしょう?って言われてみると、アメコミっぽい金髪お姉さんとか、スープ缶がぎっしりと並んでるアンディー・ウォーホールのシュールなイメージくらいしかちゃんと持ってなかったんだよね。(そういえばアンディー・ウォーホルはメン・イン・ブラック3でMIBのエージェントだって言われてたね(´∀`))
ロイ・リキテンスタイン
だから絵がポップ!★で楽しげな感じだったらポップアートなのかなって適当なイメージで今まで生きてきたけど、先日、国立新美術館でやってるアメリカン・ポップ・アート展に行ってようやくポップアートってどんなものなのかがちょっとだけ分かったよ。


ポップアートのポップってのは「大衆文化」ってことで、ようするにポップアートってのはポップでルンルン楽しい絵♪ってことじゃなくて、メディアとか現代の風景を上手く表してる前衛的な芸術作品のことなのです。

だからアメコミっぽい金髪お姉さんは、「美術なんかよりもコミックのほうが印象強いよね!」ってリキテンスタインの気持ちから生まれた作品だし、スープ缶は缶のデザインがかっこいいお(^ω^)とかじゃなくて、スーパーで陳列されてる大量のスープ缶が大量消費を皮肉めいた感じで表してるってことなんだって。(たぶんそんな単純じゃないけど)

つまりアンディー・ウォーホールのスープ缶とか、あとは有名なマドンナのシルクスクリーンとかは、あの時代に「あっ、そんなの美術になるんだ!」ってみんなをびっくりさせたからこそ評価されてるってことだね。
ただアンディー・ウォーホールに関してだと発想だけじゃなくて、個性的な色使いとか配置とかの絶妙な美術的センスでもすごいって言われてたんだって。
で、話は変わってiPhoneのゲームアプリで同じようなことをうとうと考えてみると、大企業の高クオリティ美麗ゲームがずらりと並ぶ中、「あっ、こんなのゲームになるんだ!」って緩い感じのアプリにすごくポップアートっぽさを感じるんだよね。


なかでも一番感じたのがこの進撃の巨猫ってアプリで、前作のにゃんこハザードよりも更にイラストはシンプルなのに、逆にそれがすごくかわいさになって魅力になってるよ。



単純に進撃の巨人をそのまま真似してるアプリと違って、オリジナルな個性が感じられるあたりもいいよね。


ポップ・アート展で感じたことは「同じようなものが並び始めたら、周りと違うかつ共感できる新しい表現が求められる」ってことと「シンプルなイメージは力強い」ってことだよ。
単純にアートとゲームアプリを比べて考えることはできないけど、ちょっとした思考の役には立ちそうな気がするんだよ。

個人でアプリを作ろうとしてる人は、これからますます大企業の高クオリティのゲームが出てくるからこそ、シンプルで単純なゲームにこそ勝機があるかもしれないってくまごまちゃんは感じてるんだ。

ずっと重厚なゲームばっかりやってても疲れちゃうしね。

ぷっぷ~

2013年4月2日火曜日

リッチマンプアウーマンSPにくまごまちゃんが・・・!

くまごまちゃんだよ♪

2013年4月1日 夜21:00~放送されたリッチマンプアウーマンSPにな、なんと!
くまごまちゃんが登場したんだよ~!!ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

日向社長の顔の左側
ぷっぷ~

じつはくまごまちゃんはこのドラマのお手伝いをちょっぴりしたから、
ちょっぴりだけ出してくれたんだよ(*^_^*)やったね
ちなみに『こどものころ描いた絵』っていうイラストだよ。(ロボット君も一緒)


リッチマンプアウーマンのドラマもSPもとっても面白いから、
観てないよ(´・ω・`)って人はぜひレンタルして観てみてね~♫


おまけ↓





キキカレのイラストもくまごまちゃんが描いたんだよ~( ^ω^ )

ボタンとかのデザインはくまごまちゃんのすてきな先輩がやってくれたんだよ(*´∀`*)

ぷっぷ~

2013年2月27日水曜日

くまごまちゃんのイタリア大周遊 ゴシックな雰囲気に浸るミラノ観光でほくほくピザを堪能

やっほーくまごまちゃんだよよ゚+.(◕ω◕ฺ )゚+.
シンメトリー
くまごまちゃん2月に陽気でおしゃれな国、に行ってきたよ☆彡
おしゃれで素敵な写真をいっぱい撮ってきたからみんなに見てもらいたいんだよ~(∩´∀`)∩ワーイ



飛行機に乗ってぴゅ~んと出発!!



飛行機の窓から、アルプス山脈が見えたよ。

ちょっとドイツに寄り道してから到着~


最初の夜はミラノでご飯。
ホテルの近くにあったピッツェリアでピザをTAKEOUTしたよ。


喫茶店みたいなかんじで、かわいいケーキもあるよ。

レジのお兄さんがピザを作ってくれるよ。
注文してから作るから、あつあつピザが食べれるよ。
日本語メニューもあって、観光客向け♪


ホテルのお部屋でもぐもぐ


 次の日は、ミラノ市内の観光だよ


おおきな門をくぐって街に入るよ
 
世界的有名ブランド、アルマーニのホテルだよ



東京ディズニーランドのモデルになった言われるピットリオ・エマヌエーレ2世アーケードだよ


 おしゃれな街並み

路線電車がはしっているよ




教会までタクシーに乗ったよ
きりっとした表情がかっこいいね


サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会に到着。
ここで、レオナルド・ダ・ヴィンチ作の「最後の晩餐」をみたよ。


中にはなんと3重にセキュリティドアがあって、厳重に保管されていたよ。
壁画は思っていたよりもかなり大きくて、ガイドブックの写真でみるよりは色が褪せているように感じたよ。


イタリアにはたくさんのドゥオモと呼ばれる大聖堂があって、ミラノのドゥオモも世界最大級のゴシック建築として知られているよ。このドゥオモは、ミラノの街の中心にあってとてもどっしりとしていたよ。

ドゥオモの中だよ
モザイク画がすごくきれいで圧巻。

騒がしい街中から一変して、ここには神秘的な静寂があって、なんだか空気がひんやりとしていたよ。


ミラノで有名なお店ルイーニ
パンツェロットという揚げピザを食べたよ。




1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15