2012年3月5日月曜日

nonstop looking 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』をみたよ

くまごまちゃんだよ。

2月から気になっていた『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観に行ったよ。


9.11でお父さんを亡くした男の子が悲しみを乗り越えるために
お父さんの残した「鍵」の意味をさがす物語だよ。

全体的にほわぁっとした印象の映画だったよ。

天才子役のトーマス・ホーンが話題になった映画だよ。

ちょっと【ネタバレ注意】だよ。







【くまごまレベル ★★★☆☆

ものすごく感動した!!
ってレビューが多かったからわくわくわくってした気持ちで行ったよ。

さいご、お母さんとの愛を確認して、なくなったお父さんのお話をするシーンはじーんときたよ。

nonstop looking(探すことをやめない)」っておとうさんの言葉と、

行き着いた先が絶望でも、やったほうがよかった」って男の子の言葉が、
すごく心に響いたよ。

すこし、時間が長かったのが残念かなぁと思うよ。
途中がちょっと退屈で、その分感動も少しうすれちゃったよ。
取り上げられてる話が難しすぎて、くまごまちゃんには感情移入ができなかったのかな。
どんなつらいことがあっても、残された人は、それを背負って生きなくちゃいけなくて、
それが生きてるってことってことなのかな。むずかしいよ。

期待してたぶん、思ったより感動できなかったから、くまごまレベルは3だよ。
もうすこし大人になったら、見方も変わるんだろうなっておもったよ。

努力することはとてもとても大事だと思うけど、
くまごまちゃんは、いま、なにを目指せばいいかわからないよ。
毎日、もやもやもやってしてるんだけど、
それでも頑張らなくちゃいけないね。
がんばるってむずかしいね。ぷーぷー。

今日は雨だからちょっぴりおセンチな気分だよ。

ぷー。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15