2012年2月29日水曜日

マヨネーズの不思議

くまごまちゃんだよ。

くまごまちゃんは今朝満員電車に乗ったよ。
同じ車両にちょっとぴりぴりしてるカップルがのってきたよ。

彼女「ねえ、わかってる?約束破ってるんだよ?」
彼氏「あ、うん。ごめんね。」
彼女「何回目だと思ってるの?忘れてるの?」
彼氏「じゃあ、話し合った内容をまとめようよ。」
彼女「私がいつもメモに書いてるじゃない。どうせ読まないのに!」
彼氏「あ、そうじゃなくてエクセルとかにさ、まとめるの。」
彼女「そんなの意味ないよ。だってすぐ忘れるもん。」
彼氏「いや、覚えてるよ。」
彼女「じゃあ500円はらってよ。」
彼氏「えっ・・?」






くまごまちゃん(500円ってなんだったんだろー・・。)

彼女「もうやだ。いみわかんない。おなか痛い・・(半泣き)」
彼氏(なでなで)「ところでさ、・・・」
(彼女が椅子に座ると、彼氏満員電車の中おもむろにiPadをとりだす)

くまごまちゃん(・・・えっ。じゃまだぷ。)

彼女「なにしてんの?」
彼氏「あ、だからさ、今の話をGoogleにまとめよう。」
彼女「なにいってんの。ほんといつもパソコンばっかなんだけど。いや。」
彼女「私たちがうまくいかないのは電波のせいだわ。だからもう携帯とか禁止。」
彼氏「えっ。で、でも、それじゃあ、なにも連絡できなくなっちゃうよ?どうするの?」
彼女「そうゆうことじゃないから。」
彼氏「」

くまごまちゃん(でんぱ・・・?)

そんなカップルは終点の駅に着くとふたりは手をつないで歩いて去って行ったよ。
まったく噛み合わない二人だけど結局仲直り(?)していたから、
くまごまちゃんは、こんなふうに、おとこのひとと、おんなのひとは
考え方とか価値観とかが、”水と油”みたいに違うけど、
マヨネーズみたいにおいしく混じわっていけるといいのになあとおもったよ。
ぷにぷに。

ぷー。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15